高温環境下ガラス越し温度測定

画像

キーワード 高温環境、金属、ガラス越し、水冷ハウジング、耐熱
測定目的 周囲温度100℃の中で極小金属ワークをガラス越しに温度測定します
概要 極小金属の温度をガラス越しで測定しました。
センサの雰囲気温度が100℃のため、水冷ハウジングを装着し、耐熱ケーブルを使用しました。
測定スポット径がΦ1.4mmと非常に小さく、極小金属でも測定可能です。
レーザー照準が搭載されているため、位置決めも容易です。

採用製品

画像
■使用センサ
CTLM-3LCF1-C3H(センサ本体)
 設置距離85mmで測定スポットΦ1.4mm
 検出波長2.3μmなので、金属・セラミックおよび光沢のある対象物の測定が可能
 2.3μmはガラスを透過するので、ガラス越しの測定が可能
 耐熱ケーブル~180℃

TM-W-CTL(水冷ハウジング)
 雰囲気温度~175℃まで使用可能。
 (水冷ハウジング無しだと耐熱温度~85℃)

詳細はこちらから
お問い合わせ下さい